友人から『パティシエ』の称号がもらえるレッスンって?

友人から『パティシエ』の称号がもらえるレッスンって?

Cookpad Do!編集部
2019/06/08

『お店で買ったんでしょう?』と言われるお菓子づくりができるレッスンがある。

「わたしのベストエピソード」2018を見て気になっていたレッスン。
お菓子作りは高校生のときに作ったマーブルケーキ以来。(混ぜるだけ)
完全に初心者の私でも、そんなお菓子づくりができるのか。。よし、行ってみよう!

今回は、アトリエ psalm23主催の「ワンランク上の焼き菓子を作りましょう~レーズンサンド&コンヴェルサシォン」に参加してきました!
アトリエ psalm23オーナーページはこちらです

作るお菓子も、ご自身もとてもおしゃれな佐々木先生。広くてきれいなご自宅が教室なのですが、そのお部屋のインテリアもセンスにあふれすぎていました。先生は「かっこいい」という言葉がぴったり。スムーズな進行と的確なアドバイスはさすがの一言でした。

まずは先生から作り方の説明を受けます。
今回のレッスンで作るのは「コンヴェルサシォン」と「レーズンサンド」。


「コンヴェルサシォン」日本では聞き慣れないお菓子ですが、フランスの伝統菓子で先生も大好きなお菓子なんだそう。

これが先生が焼いたコンヴェルサシォン。フランス語で「会話」を意味する言葉らしいです。響きからしておしゃれ。

作り方の説明を受けながら、気づきました。

(あれ、これ、なかなか難しそうだぞ。
やっぱり、初心者にはちょっと難しいクラスだったのかも。
あれ、どうしよう。大丈夫かな。。)

作業の連続。先生のキレのいい進行

ドキドキしながら早速調理開始です!ふたつのお菓子は同時進行で作成。

作業工程が多いお菓子なので、次から次へと休むひまなく、作っていきます。

ついていけなかったらどうしよう。。と思っていた私ですが、
2人1組のペアになって進めていく方式なので、
先生の的確なアドバイスを頂きながら、落ち着いて話を聞きながら進めていくことができました!(よかった〜)

作業量が多い中、とにかく先生の進行は無駄がありません。
テキパキと進めていきながら、参加者の方のようすを見てしっかり必要なアドバイスをくださいます。

作業の連続。ひたすら作業。だんだんたのしくなってきました。

先生が簡単そうにやってのける作業も、自分でやってみると「難しいです、先生!」なんてことを繰り返しながら、どんどんつくっていきます。

あふれ出る想い、先生への絶大な信頼

今回のレッスンに参加しておどろいたこと。

ふと参加者のみなさんに、
「先生のレッスンにどれくらい参加しているんですか?」と聞いてみました。
もう本当に軽い気持ちで。

一人の参加者の方が、
「先生のレッスンは都合がつく限り、全部参加しています!!」と。
(え、すごい。)

聞いてみると、実は他の方も何度も通っていらっしゃるそう。
「すごいですね。」とつい口から言葉が出ると、
その場にいた全員の参加者の方が口をそろえて

「先生のお菓子はどれも間違いなくおいしい!!本当においしいから!!」
と興奮気味に伝えてくださいました。(圧倒されるわたし)

とてもうれしそうに、熱い想いを伝えてくださるみなさま。

「先生の作るお菓子は、どのお菓子もぜったいにはずれがない!」

「レッスンで作ったお菓子を見せると、『お店で買ったんでしょ』と言われるほど!」

「もっと早く先生のレッスンに出会いたかった!!」

「ホームパーティーに持っていくと本当によろこばれる!」

「わたしはもったいないから一人でたのしむ派!」

全員:「とにかく先生のお菓子は、ほんとーーーーにおいしい!!」

と口々に、先生と先生の作るお菓子へのあつい想いを伝えて下さいました。
(す、すごい。みなさん先生の熱烈なファンだ。)

都合のつくかぎり先生のレッスンに参加しているという方は、
「わたしなんてまだまだ先生歴は浅いんです!
先生のもっとすごいファンです!って方は本当にたくさんいるんです!」と教えてくださいました。

先生、すごいです。

参加者の方から、こんな言葉を頂けるなんて。
私が先生だったら、今夜うれしくてひっそり泣くかもしれない。

(先生は照れながら、「やりがいがあります!」とうれしそうに笑っていらっしゃいました。)

本当にお店で売っているお菓子のようになりました

次から次へと流れるような作業を終え、つくったお菓子たちがオーブンの中に。
焼き上がりを待つ間、先生が作ってくださったコンヴェルサシォンの試食タイムです。

お店のようなドリンクメニューが出てきました。このメニューも季節によって内容が変わったりするそう。すてき。

初めて食べたコンヴェルサシォンは、ほんとーーーーに、おいしくて、だいすきな味でした!(あぁ、わたしにもっと語彙力があれば、、)

完全にレーズンサンド狙いで参加した私ですが、結果的にこのコンヴェルサシォンがお気に入りになりました。

食べ終わったあとは、最後の仕上げ作業!(やっとここまできた。。)
焼けたクッキーにクリームとレーズンを挟んでいきます。

ミルク風味とコーヒー風味のバタークリーム、その上にレーズンを挟んでいきます。

仕上げはチョコレートで模様を書きます。パティシエっぽいこの作業にテンションがあがります。

できた〜!できたよ〜〜!!
本当にお店で買ったようなお菓子になったよ〜!!

こんなに素敵なお菓子を自分が作ったなんて。。いますぐだれかに自慢したい!!

みなさんの写真撮影用に、先生がスタイリングしてくださいました。インテリアの中からさっと、フェイクグリーンを出して飾ってくれた先生。かっこよすぎる。

おしゃれがすぎる。

先生が用意してくださったラッピングに包んで持ち帰ります。

終わった。。達成感がすごい。
自分でこんなに素敵なお菓子が作れるなんて。感動。

今回私が参加したレッスンは、比較的お菓子づくりに慣れていらっしゃる方の参加が多いそうですが、先生の他レッスンは初めてお菓子を作ります!なんて初心者の方も多数いらっしゃるようですよ。

お菓子づくりをワンランクアップさせたい!という方はもちろん、
普段お菓子は作らないけれど、少しお菓子づくりを頑張ってみたい方、自分が作ったお菓子を大切な誰かにプレゼントしたい方、

参加者のみなさんを魅了する、お店のようなお菓子作りをぜひ体験してみてください。
アトリエ psalm23のオーナーページはこちらから。

Cookpad Do!では、たくさんのオーナーさんたちが楽しい食・料理イベントをご用意しております! Cookpad Do!でイベントをさがす