(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ

(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ

  • 参加費
    9,800
  • 自宅

    東京都目黒区 (予約者には開催前日に詳細な住所をお送りいたします)

    東京都 JR山手線 恵比寿 恵比寿ガーデンプレイスよりアメリカ橋を渡り一つ目の信号を左折し二つ目の路地を入ったところです。

このイベントを友達にも教えてあげる

少し涼しい日が増えてきてちらほらと秋の香りがしてきましたね。
日本料理の世界では9月になれば中秋の名月や重陽の節句など、秋真っ盛りに向かっていきます。
今回はそんな秋といったらという食材で、松茸や銀杏、かぶと菊の花、小芋や秋のお魚としてカマスを使うお料理にしました。
今回もおもてなしということで、松茸は風味を100%生かした本来の土瓶蒸し、銀杏は応用も利くひろうすに、カマスはお醤油とゆずの香りで柚庵焼き、菊の香りのかぶの焚き物、秋に美味しい小芋のご飯と秋満載のメニューです。
ぜひお友達やご家族とご家庭で秋を感じてください。

過去のイベントなので予約できません

このイベントで作る料理

  • 一番出汁の引き方

    一番出汁の引き方

    和食の基本であるお出汁のレッスンです。大げさにいってしまえばこれさえしっかり押さえれば和食はそんなに難しくありません。
    昆布には様々な種類のものがあるのは皆さんもご存知かと思います。京都には献上品として各地から昆布が届いていた歴史があり、いろいろな使い方をしてきた京都にはなくてはならない食材です。
    そのなかで一番適している利尻昆布と鰹節を使った京料理には欠かせない基本的な出汁を火加減からしっかり教えます。
    「京しずく」のしずくとは出汁のことです。店名の由来にもなっている、こだわりの味をぜひ学んでください。

  • 松茸の土瓶蒸し

    松茸の土瓶蒸し

    秋の食材といってあっ先に浮かぶと行っても過言ではない食材といえば松茸ですね。
    最近は様々な場所で松茸が作られてものによってはお値段もお手頃になってきました。
    今回はそんな松茸の香り、味、食感すべてを美味しく召し上がっていただける土瓶蒸しをお教えします。

  • 秋のひろうす

    秋のひろうす

    ひろうすとは関東でいうがんもどきのことです。
    関西ではひろうすとか飛竜頭といっていろんな料理に使っています。
    今回は初めてお教えするということで揚げ物として基本のひろうすを作ります。
    材料さえそろえればあっという間にできるので必見です。
    秋なので銀杏をたっぷりいれて作ります。

  • カマスの柚庵焼き

    カマスの柚庵焼き

    秋に美味しくなる魚といえばカマスも有名ですね。
    白身で淡白なお魚ですが、この時期になるとしっかり油を持って大きくなっています。
    カマスは水分が多いのでよく干物にするのですが、日本料理屋では水分の脱水もしながら香りや味もいれていきます。
    今回は柚庵焼きといってゆずとお醤油の香りをつけてふっくら美味しい焼き物にしあげます。

  • 京かぶの菊花あんかけ

    京かぶの菊花あんかけ

    9月といえば菊の季節です。
    日本料理ではこの時期にでてくる新かぶを菊にみたて細かく切れ目をいれてそこに菊の花の餡をかける料理をよくやります。
    今回はそのご家庭用としてかぶをきれいに剥いて柔らかく炊くやり方と菊の花の使い方をお教えします。

  • 小芋とお揚げの炊き込み御飯

    小芋とお揚げの炊き込み御飯

    夏が終わりもうじき中秋の名月、別名芋正月の時期になります。
    日本には昔からこの時期に収穫される里芋を神様にお供えするということで十五夜には里芋を食べる風習があるのをご存知ですか。
    だからといってそのまま食べてもいいのですが、せっかくなのでおいしいご飯にしましょう。
    今回はうまみを足すのに京あげも一緒にいれてお野菜の炊き込み御飯にします。

オーナーについて

クックパッド料理教室 恵比寿南教室
オーナー

クックパッド料理教室 恵比寿南教室

95フォロワー

京懐石の料理人による本格的な京料理を学べます

【コンセプト】
15歳から京都で10年間単身修行し京料理組合から認定証を修得。その後都内の日本料理店で料理長を数軒経験し、研鑽を重ねた後、2009年に独立し恵比寿に「京しずく」を開業しました。

「京しずく」では「京都よりも京都らしく」という思いで京懐石と精進料理を踏まえたコース料理を供しておりますが、料理教室では京都の食文化や伝統をわかりやすくお伝えしながら、ご家庭でも再現できる料亭の味を提案させていただいております。

分からない事があれば何でもお気軽に聞いてください。本場の京料理を自宅でも気軽に楽しんでいただけるよう、お答え致します。

【先生】
● 岡田 敬一

[経歴]
1991年 中学卒業をきっかけに、寿司職人の父の紹介で日本料理の本場である京都へ修行に出る

2001年 京都料理組合組合長・高橋英一(瓢亭)より組合員認定
     これを機に赤坂や青山の日本料理店で働く

2006年 恵比寿「凹町」の料理長に就任

2009年 独立し、恵比寿「京しずく」を開業する

2012年 京のふるさと産品協会・旬の京野菜提供店として、京都府知事から認定

このオーナーについて詳しく見る

このオーナーのイベントに参加した人のクチコミ

  • プロのひと手間

    京料理の基本からプロのひと手間まで、家ですぐに実践できることを惜しげもなく披露してもらいました。値段は高めですが、それを上回るとても濃い内容です。ちょっとしたひと手間でこんなに美味しい料理ができるのかと、早速自宅でも実践しました。角煮もイクラご飯も、とても美味しかったです。

    参加イベント: (10月分)旬の食材を使った日本料理を学ぶ

    クックTUZ7Z4☆

  • 楽しかったです

    この食材はこのような物にもできます。と、バリエーション豊かに、教えてもらえます。旬の食材を、一番美味しい食べ方を教えてもらえるのです。いつが旬だったか、物が豊富すぎてわからない、忘れてしまいがちを思い出せます。最後は先生の美味しいお料理を食べられるので、幸せ気分のまま帰れます。時間があっ!という間に終わります。

    参加イベント: (9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ

    クック1ZKB71☆

  • 充実した時間を過ごせました

    レッスン後、すぐに自宅で実践できるように教えてくださいました。時間があっという間で、先生の話が面白くて、楽しい充実した時間を過ごせました。ありがとうございました。早速、今回学んだ茶碗蒸し以外を、自宅で実践してみました。和牛のしぐれ煮を作り、好評でした。食べたものも、レッスンでも話があがった、そぼろを想像していたようで・・・。次の日のラップ方式を使って油を取り除いたものも、好評で美味しくいただきました。ちょっとした、ポイントをレッスン時に教えてくれるので、見逃せません。茄子の揚げ浸しは、母に教えてあげました。茄子がおいしいこの時期に、焼いて・生姜で食べるのもよいのですが、また違った茄子のおいしいを見つけられ、よかったです。南蛮漬けのお酢は南蛮だけでなく、もずくにも利用できるとのことを教えてもらったので、もずくで食べました。一つのことだけでなく、他にも利用できることを教えてもらえてるので、お得です。だし・めんつゆも美味しくできました。日本料理の修行は長く、普通なら秘密にしたいこともあるだろう、素人に数時間で教えてもらえるのは幸せだなと感じました。そして、旬なものを味わえる本当にありがたい時間です。

    参加イベント: (7月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ

    クック1ZKB71☆

もっと見る

注意事項

イベント形式 デモ レシピあり
最寄り駅
  • 自宅
    • 東京都 JR山手線 恵比寿 恵比寿ガーデンプレイスよりアメリカ橋を渡り一つ目の信号を左折し二つ目の路地を入ったところです。
お支払い方法
  • クレジットカード
  • コンビニ・ATM・ネットバンキング
    ※イベント日が近い場合、このお支払い方法は選択できません。
持ち物

筆記用具

キャンセルポリシー

予約日〜イベント8日前まで 100円
イベント7日前〜4日前まで お支払い金額の30%
イベント3日前〜2日前まで お支払い金額の50%
イベント前日〜当日 お支払い金額の100%
※予約日〜イベント8日前までのキャンセル料は、毎月2回まで免除されます。
※7日前〜当日のキャンセル料は免除の対象にはなりませんので、予めご了承ください。

参加者について どなたでも
お子様連れの参加について

大人のみ

カテゴリ 和食・日本料理
過去のイベントなので予約できません
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
(9月版)旬の食材を使った日本料理を学ぶ
クックパッド料理教室 恵比寿南教室

このイベントを友達にも教えてあげる

過去のイベントなので予約できません。
過去のイベントなので予約できません