トップページ イベントレポート! She is×チーム未完成×Cookpad Do! 『デッ活〜パンでDo! する出会いのデッサン〜』

イベントレポート!
She is×チーム未完成×Cookpad Do! 『デッ活〜パンでDo! する出会いのデッサン〜』

Cookpad Do!では、サービスリリースを記念して「料理をもっと楽しもう」をコンセプトにしたイベント「MOTTO」を開催中。今回は12月16日(日)に行ったShe is×チーム未完成×Cookpad Do! 『デッ活〜パンでDo! する出会いのデッサン〜』の模様をお届けします。

一風変わった食へのアプローチ。

今回のイベントは、自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ「She is」 とクリエイター集団「チーム未完成」 とのコラボレーション。新しい形での食の楽しみ方を提示します。チーム未完成はパンのお面をつけた4人組。パンをモチーフにZINEやグッズ、楽曲の制作などさまざまなコンテンツを生み出しています。

画像1

パンをこよなく愛する彼女たちが提案してくれたのは、なんとパンのデッサン! 参加者みんなでパンの静物画を描こうというものです。そして、このイベントのもうひとつのテーマは「出会い」。パンを描くという珍しい経験を通じて、参加者同士の交流を図ることができるかもしれません。「こんなデッサンを描くのは、一体どんな人だろう」、「この絵を描いた人と仲良くなれるかもしれない」などデッサンを通じて、新しい出会いがあったら嬉しいというShe is、チーム未完成の思いがありました。

デッサンスタート

デッサンの講師を務めてくれたのは宮崎希沙さん。頼れる助っ人の登場です。グラフィックデザイナーとして活躍する宮崎さんは以前、美術予備校でデッサンの講師をしていた経歴があります。

画像2

参加者のなかには、クロッキー帳を持参してくれた方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方は学生時代以来ということで、宮崎さんが丁寧にデッサンのコツを教えてくれました。まず、両手の親指と人差し指でL字を作り、それを合わせて長方形にして、ファインダーのようにモチーフを覗きます。テーブルには食パン、果物、置物などのモチーフが並べられています。自由に画面を切り取り、構図を決めましょう。

画像3

次にモチーフの影をチェック。影の方向から、光がどこから当たっているかを確認します。モノクロの世界で、影の濃さ、色の濃さを表現していくため、光と影を捉えることがデッサンには重要になります。

画像4

描き始めは、2B、3Bといった芯が柔らかく濃い鉛筆を使います。鉛筆を寝かせて使い、ベースを作っていきます。

画像5

仕上げは、芯が固めの薄い鉛筆で詳細を書きこんでいきます。練りゴムやティッシュを駆使してハイライトを入れて質感を出す、質感を柔らかくするといった高度なテクニックも教えてもらいました。チーム未完成もShe isのスタッフも、参加者のみなさんと一緒にデッサンに挑戦します。積極的に質問しながら、自分の作品に取り組んでいました。

画像6

講評の時間

約50分間のデッサンの時間が終了。集中していたので時間が経つのは、あっという間。出来上がったデッサンを張り出して、宮崎さんの講評がはじまります。ずらりと並んだ力作を見て、「予想をはるかに超えて、みんなレベルが高い!情熱を感じます。」と宮崎さんも驚いていました。

画像7

画像8

同じデッサンでも、ひとりひとりの個性がでます。パンだけを切り取る人、モチーフを忠実に描く人、余白を生かす人、テーブル上にはないモチーフを書き込む人。デッサンするということは、普段なにげなく見ているものの視点を変えてみなければなりません。見慣れた食パンを違う目線でみるという面白い体験になりました。

自由にパンを食べよう。

画像9

画像10

一生懸命デッサンしたら、お腹が空いてきました。今度は、パンを食べて楽しむ時間です。テーブルには食パン、ロールパン、フランスパン、イングリッシュマフィンなどたくさんのパンが並びます。野菜やハムをサンドしたり、トースターで焼いたり、パンの食べ方もさまざま。好きなようにアレンジして、「こんな食べ方もおいしいよ!」とレシピを共有しながら、いろんな食べ方を楽しんでいました。

画像11

画像12

デッサンに取り組み、それぞれの作品を鑑賞し、一緒にパンを食べていると、初対面でも自然と会話が生まれます。チーム未完成は「パンをデッサンするというイベントに人が来てくれるのか、実はすごく不安でした。でもたくさんの人に来ていただいて、みんなの笑顔を見て嬉しかった」と語っていました。

画像13

パンは描いても、食べても楽しめる。食への視点がまたひとつ増えたイベントになりました。

Text:宮原 沙紀

30名

She is✕チーム未完成✕Cookpad Do!『デッ活 ~パンでDo! する出会いのデッサン~』

2018/12/16(日)12:30開場 13:00 - 15:30

抽選受付終了

自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ「She is」と、She isのGirlfriends(仲間)でもあるクリエイター集団「チーム未完成」がタッグを組み、パン ×デッサン × 料理のまったく新しい出会いイベント「デッ活」を開催します。

パンと書かれたステッカー、パンのZINE、パンのグッズ、パンのアパレル、パンの楽曲等を次々と発表しているチーム未完成。今回は、「パンの静物画をみんなで描く」ということにチャレンジ。人との出会い方が多様になっている現代、デッサンを通じた出会いがあってもいいのでは……? ということで、参加者みんなで並んで静物画を描くというなかなかない経験を通じて、参加者同士のことを知っていきます(デッサン未経験の方、大歓迎)。チーム未完成による講評タイムも予定しています。

その後、食パンを使った料理をみんなで作る交流会を開催。用意した具材を用いて、その場で自由に料理を作っていただけます。簡単に作れるレシピを用意しておくので、料理が苦手な人でもご安心を。

さまざまな出会いをもたらすであろう「デッ活」、あなたも参加してみませんか?

  • She is

    「She is」は、「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ」をタグラインに、女性をとりまくカルチャーや思想を伝える「ウェブマガジン」と、有料メンバーにお届けするコミュニティサービスを主軸にしたコミュニティメディア。

    編集部のみが発信する一方通行のメディアではなく、それぞれの軸を持って生きる魅力的な女性たちの声を集め、その想いを場所づくりに活かし、考えを深めていきます。

    She is
    twitter
    Instagram

  • チーム未完成

    しをりん、ゆりしー、ぴっかぱいせん、げっちゃんの落ち着いた大人の女性4名によるクリエイターごっこ集団。各々が、写真、デザイン、似顔絵、ライティング(文章)、番組構成、音楽制作、DJ、ガヤなどの一発芸を持ち、2014年夏に渋谷センター街に彗星の如く出現した気でいます。パンと書かれたステッカー、パンのZINE、パンのグッズ、パンのアパレル、パンの楽曲等を次々と発表し、主にアートイベントの賑やかしとして活躍しています。最近、映像制作にも手をつけ始めました。

    チーム未完成
    twitter
    Instagram