村上祥子料理教室

みんなの「楽しかった」レポート!

  • 日本一の料理研究家

    村上祥子先生の料理教室で、まず圧倒されるのは4000余冊に上るバインダーです。
    情報収集と整理の仕方が桁外れで先生の頭の中はまるでコンピュータのよう、どんな質問にもたちどころに答えていただけます。食の世界を俯瞰して、ちょっと先取りしたもの、今一番必要なこと等自由自在に取り上げられます。「スコーン」も「ティラミス」もブームになるずっと前に習いました。
    凝った料理も気取った料理も得意な先生なのに、あえて主婦がいま一番必要としている「早・うま・簡単・健康」料理で勝負されるところはさすが!と思います。「電子レンジ」や「玉ねぎ氷」「トマト氷」等はその象徴ではないでしょうか。
    でも、先生の料理教室の魅力は何といっても、先生の強力なエネルギーに触れて「これでまたしばらく頑張れる」と元気づけられることです。テレビや書物では得られないライブならではの魅力は、「行ってみなければわからん、わからん」で、私は村上先生を「日本一の料理研究家」だと心底思っています。

  • いつも新しい情報にあふれています!

    今日は先生の教室に行ってきました!楽しかったですよ~!
    ・海老の殻を無駄にせず、スープが最後まで美味しかったブイヤベース、難しそうですが、フライパンで火にかけてから10分もかからず簡単に出来ました。・ボンゴレビアンコはパスタへあさりのうまみの吸わせ方にびっくり!・カルパッチョはボリューミーでこれ一皿でワインが進みそう。・デザートは焼き型なしで見事なパイが素敵に出来ました!などなど、お教室は毎回、びっくり箱みたいです。そしてデモンストレーション形式なので、手順を見逃す事がなく、私でも上手に復元できます(笑)?!

    ともドラ

  • 「だからごはんを作るのよ」

    先生にお会いして、人のためにごはんを作るって素敵なことなんだと気づかされました。料理はまさしく相手を思いやる「お・も・て・な・し」。相手が喜ぶ顔を見たとき、なんともいえない気持ちになります。「だからごはんを作るのよ」という先生の言葉が今でも心に刻まれています。
    しかもムラカミマジックにかかれば、お料理が苦手でも大丈夫。レシピを見ると難しそうに見えるお料理でも、先生の実演付きです。調味料を混ぜて火を通すだけであっという間に出来上がります。

    あれは何年前でしょうか。とっても暑い教室の日でした。汗をにじませながら中に入ると、先生が「いらっしゃ~い」という明るい声とともに冷たい赤しそジュースで迎えてくれました。汗がすーっとひいて、とっても美味しかったです。お料理には気持ちが添えられるとさらに美味しくなるんですね。

  • 「ちゃんと食べて ちゃんと生きる」

    「ちゃんと食べて ちゃんと生きる」
    この先生の言葉を初めて聞いたときから今まで忘れたことはありません。食べることは毎日の楽しみ。ですが、忙しい毎日の中、食が疎かになってしまうことも・・・。

    しかし、先生の電子レンジクッキングは、まさに「早・うま・簡単」!!驚くほど、あっという間に出来上がります。心も体も健康になるような。そしてどこかホッとする料理ばかりです。

    また、このお教室では料理のことだけでなく、最新の栄養学についても先生は惜しみなく教えてくださいます。その内容の濃さに栄養士である私にとっては、このお教室が勉強の場にもなっています。今回もとても勉強になりました。

    なにより、皆さんに先生に一度会っていただきたいです。先生は若い人にも負けないパワーの持ち主です!!
    「ちゃんと食べて ちゃんと生きる」という言葉は先生に会っていただければ、「納得!!!」と思っていただけるのではないでしょうか♪

  • 村上マジックは元気の源!

    人間誰しも、美味しいご飯に幸福と活力をもらいます。

    どんなに心身が疲れていても、「一汁三菜」、そして、ちょっと贅沢をいえばデザート、至福の時「スィーツ」があれば、「100点満点」、復活あるのみ。

    体力が戻り、脳も働き始め、平常心をもって物事に取り組める、そんな自分がいるのが、よくわかります。

    そしてそれは、特別な日のメニューではなく、毎日つづけられる家庭料理だからこそ、意味があること。
    愛情たっぷり疲労回復メニューは、家庭料理の醍醐味なのです。

    「どんなことがあっても、食卓の準備がちゃんとできていたら、家族の団欒に灯がともります。笑顔ももどって、そこに感謝の気持ちがわきますよ!」と、当たり前のことのようで、とかく現代忘れがちな、そんな大切なメッセージを、お料理を通して伝授くださる村上祥子先生。

    それはきっと、女性として、転勤族の妻として、三人のお子さまを育てられた母として、健康を司る家庭料理の大切さを、実体験から学ばれたからこそでしょう。

    だから、村上先生のメニューには、無理がないのです。

    どんなに美味しくても、日常的な入手しやすい材料、かつ、手早くリズミカルにできなければ、長続きしません。なんたって家庭料理ですから、自然体で取り組める内容でないと意味がありません。

    たとえ料理が苦手な人でも、「これだったら私でも出来るかも!」「食べてみたい!つくってみたい!」と、まずは思えることが大切。

    村上先生のクラスでは、それを現実のものにしてくださります。

    肉・魚・野菜・海草もろもろ、旬を大切されながら、手順を守れば、誰でもおいしく調理できる方法を、管理栄養士としての知識も交えて、軽快に伝授くださる「早うまカンタン健康ごはん」。

    そう、そんな手間暇かける時間がなくて・・・と、ついもらしてしまいたくなるメニューでも、村上先生の手に掛かれば、マジックのように手早く素敵なごちそう家庭料理に変身するのです。

    先月教わった「中華おこわ」などその最たる物です。

    一昼夜かけてつくる、美味しいけど面倒で、絶対にデパ地下のお総菜コーナーで買ってくるメニューと思われていた「中華おこわ」が、電子レンジを活用して1時間もあれば完璧に出来るのですから。

    家族に誉められた私は、ちょっとした中華街のシェフ気分。そんな特別感が、料理を創る人も、食べる人も、楽しく元気にさせます!まさに、村上先生のお料理は、「調理化学を駆使した誰もが幸せになる創作料理」なのです。

    今月のメニュー「あらかぶのブイヤベース」、日本料理にしか登場しないとおもっていた「あらかぶ」を家庭料理、それもこれからの季節、忙しい主婦にはもってこいの栄養バランス完璧の「鍋料理」に取り入れるなんて、さすが!

    にんにく風味「アイオリソース」につけながら、ぷりぷりの「あらかぶ」を、「バタライス」で頂く!

    あ~今から想像するだけで、「パブロフの法則」の私、五感にうったえる味にちがいない~。

    村上先生、今月もよろしくお願いいたします!

  • 美味しい!楽しい!!とっても!!!

    そろそろクラスよねぇ~と思っている頃、ご案内の葉書が届きます。季節感は勿論、トレンド感満載の献立で毎月期待いっぱいです。

    クラスは祥子先生の機関銃トークとマジックお手並みでどんどん進みます。これがとてもわかり易いです。
    班に分かれて実習ではないから、バタバタ動いてやっと終ったけど何が何やらよくわからない・・・なんてことはありません。(笑)

    質問があれば、デモストレーション中は勿論、その後のランチタイム、場合によって後日作りながら電話でとどれもご親切に回答いただいてます。アフターフォローも万全です。いつも有難うございます。

    お料理が苦手でも、ちょっと興味があったり食べることが好きなら大丈夫。気軽に楽しんで続けられます。
    実は私、先生のご指導でダイェットも致しました。
    うふふ。この成功談はお教室で!

  • 早うまカンタン健康ごはんの教室です(*^-^*)

    村上先生との出会いは、子どもの食育講習会です。その当時3歳の息子がミニシェフクラブに通っていました。印象的だったエピソードは、鯖の味噌煮を作ったときの回です。大きな鯖を1匹丸ごと調理台にのせて、子供達の前に披露され、触らせてくれました。子供達は大喜び。それはそれはキラキラした瞳で、それぞれの手で魚を確かめて、五感をフルに使って、自分達で料理をしていた姿に感動したことを今でもよく覚えております。
    その後、念願かなって私自身が、村上先生の教室に通えるようになりました。お料理は、どれも簡単でヘルシー。村上マジックでびっくりするほど美味しく変身します。管理栄養士の先生だからこそのレシピ、栄養学的に、医学的にも科学的根拠に基づいたお料理の数々に感動しています。玉ねぎ氷や人参氷など美味しいだけでなく、糖尿病の食事療法にも活用出来て優れものです。
    家族の健康管理を担っていますので、毎日の献立に活用させてもらっています。「ちゃんと食べて、ちゃんと生きる」
    空飛ぶ料理研究家村上先生の使命は「食べ力」を養うこと
    とおっしゃっています。
    常に前向きに対処し全力で乗り越えられて・・・・だからこそ気持ち良い潔さ、エネルギーがみなぎっていらっしゃいます。なので、毎回、勇気と希望、元気をたくさん頂いていると実感しております。 
    アクティブシニアのリーダーでカリスマ的な先生だと尊敬しております。足元にも及びませんが、、お料理だけでなく、先生の生き方をお手本にしていきたいと強く思っております生徒ひとりです。
    10月のメニュー
    早うまカンタン健康ごはんの 6.デザイナーフーズ・ピラミッドとがんの予防・常備菜
    たまねぎ氷や 免疫力アップの食品を美味しく、毎日簡単で無理なく摂取するを継続したいと思います。

  • 日常の料理作りが即ラクになるテクニックあり!

    「このやり方が正しい。」、「こうしないと、手抜き・・・。」と、勝手に自分の枠を作ってしまっていた料理作り。
    美味しい・素敵な料理=手間がかかって当然、と思っていた私には、本当に目からウロコで、気取らないテクニックが満載でした!!
    料理の先生は、ちょっと気取って手間をかけた作り方を伝えることが多かったが、科学的に説明付きの即実践出来る便利テクニックが、ここでは必ず得られます!
    本当に・・・日常の料理作りが、ラクになりますよ♪

  • 科学を密やかに武器にしているところがすごいです

    料理教室に行き始めたきっかけは、素敵な人たちが結構学ばれているのを知ってから。
    村上先生は、最先端の食に関する情報にも敏感で、「今、東京でこんなものが流行っているのよ…」というお話や講演活動などのために全国各地に行かれて得られたお話などを聞かせてくださるのも勉強になります。
    複雑なはず…と凝っている料理も、どうしたら簡単にできるかと研究熱心な村上先生。忙しく働きながら料理を作ろうとする人にとっては頼もしいレッスン内容と思います。私が参加している曜日は、様々な食に関するプロの方や料理の上手な方も多いのですが、そんな方々と本格的に作るときの手間をここまで省いてもいいの???と驚きながら学ばせていただいています。
    かなりマニアック…と思えるような疑問だったとしても、料理に関することはほぼ即答されます。即答といかなくても、膨大な資料からお答えいただけ、学術文献レベルの回答がいただけたりすることもあって助かります。
    長いキャリアをお持ちでクラッシックな作り方も踏まえた上で、現代社会のニーズに合わせて料理の作り方を研究されている姿勢は敬服するばかりです。調理化学や栄養に精通され、なおかつ古今東西の食に関する情報量をお持ちな上で教えていただけることは、レッスンの料理だけ以上のものがあると思います。
    曜日ごとに雰囲気が違うそうですが、食経験豊富な方々が、村上先生に様々な名店の料理や世界各国の料理を作れるようになりたいとご要望を出されたりして、私にとっては素敵な料理を出されているお店を知る機会にもなっています。
    9月にチャンチャン焼を習ったのですが、鮭を使った鉄板焼の郷土料理というイメージでしかなく身近に感じていなかったものでしたが、カマスの干物を使ってチャンチャン焼の味のエッセンスを活かしつつアレンジされていたレシピでした。こんな風にアレンジできるんだ…と驚きで、縁遠かったチャンチャン焼でしたが、ちょうどカマスも旬だということもあり、美味しく幾度か作っています。
    長くなりましたが、私が参加して素敵!って思っていることを書かせていただきました。